どうすれば水漏れトラブルに遭わないか徹底解説

突然の水廻り設備のトラブルに見舞われたことはありませんか。トイレの水が溢れるやキッチンシンク下の配管から水漏れ発生、またお風呂のシャワー蛇口からポタポタと水が滴り落ち止まらない等水漏れは大なり小なり起きてしまいます。急な水漏れにより生活に支障をきたすことを避けるためには、日頃の掃除がとても重要です。例えば、トイレ掃除ですがタンク周辺や便座廻りと床を中心にキレイするも給水管パイプの拭き掃除は、意外に忘れがちです。パイプの拭き掃除をしていれば早期に微量の漏水が発見できるのです。一方、水廻り設備の使用部品の経年劣化が原因となる水漏れですが、部品が交換時期に有ればトラブルはなくても交換して下さい。最後に早期発見、早期修繕は費用が安く短時間に修理は終了します。普段より掃除が行き届き整理整頓されている場所は、設備機器に大きなトラブルは起きにくいものです。

水漏れによる故障トラブルは、機器の基本知識を修得し簡単対応

洗面化粧台の蛇口やお風呂のシャワーヘッドからの水漏れ、また配水管つなぎ目より漏水等のトラブルはよく聞きます。ほとんどの場合、水漏れが突然発生したと勘違いし早急にトラブルを解決するため専門業者へ依頼されているようです。しかしながら水漏れは突然起こることもありますが、冷静に考えると原因は経年劣化、特に部品の使用頻度が限界になりゴムパッキンが摩耗したり、ネジの緩みが起きそこから水漏れを起こしている場合が多いのです。まず大切なことは、水漏れを発見した時は、落ち着いて周辺箇所のチェックを行います。ネジの緩みが原因であれば締めなおすだけです。自宅にあるドライバー1本で修繕費用はかかりません。慌てて専門業者に修理依頼すると、修繕費用ゼロが出張料や現場調査費、調整費などいろいろ言われて軽く1万円前後の請求がきてしまう可能性がありますので、冷静に対応して下さい。

水漏れ修理の適正費用は、専門業者の仕事ぶりで評価

水漏れを修繕している業者は、様々です。地域密着し水廻り機器販売から水漏れや機器修繕も行っている地元の業者もあれば、水漏れや水廻り機器トラブルを中心に365日24時間体制で全国展開している業者まで幅広いタイプが存在しています。水漏れの修繕対応の場面に、その専門業者の仕事ぶりが滲み出ます。修繕のプロは水漏れの原因を探り正しく掴み、適切な対処方法で復旧しています。従いまして費用明細に実施作業別に金額が記載され納得感が高いです。加えて対応修理の必要性や費用の適正について簡潔にわかりやすく事前説明しています。結果、修理請求額は納得感があり適正費用と言わざるを得ません。相反する業者は、常に不安を募る営業が特徴です。新品交換しなかったら直らない、原因を尋ねても不明瞭な返答しかなく、修理はどの様に対応するのか説明がありません。このような場合、概ね修理請求額に不満が残ってしまうので十分気を付けて下さい。