オススメする水漏れを防ぐ方法とは

水漏れを防ぐには使用頻度が高くなる箇所のこまめな手入れが必要です。トイレやキッチン、浴室は毎日頻繁に使用する空間の為、水道管や排水管のトラブルは日常的に使用すればいずれ直面します。予防や対策をしない事で排水管がつまり、異臭や異音、水漏れに繋がります。トラブルが起きやすい箇所として、水道蛇口のナット上部、給水管や排水管と壁の接続部分、トイレタンク内や便器の給水管、洗濯機の下や給水・排水ホースなどです。予防策として排水口のつまりは、こまめな掃除や排水ネットの設置です。吸引カップを使用して排水管内部を掃除する事も予防策になります。ホースや排水管の接続部分に防水テープを施し、水漏れを防ぎます。万が一水漏れが発生した時の為に検知器などを設置し、センサーで知らせてもらうのもオススメです。

水漏れトラブルで工事にかかる費用はどのくらいなのか

水漏れトラブルで業者に連絡する際は、元栓を閉めてから連絡をしないと高い水道代を請求されるので注意が必要です。水漏れトラブルとしてよくあるのは、蛇口周りでゴム製のパッキンの劣化が原因の水漏れです。こちらはパッキン交換で済む為簡単な修理で済みますが、作業費が3千円から5千円程で、そこに出張費が加算され8千円から1万円程になります。トイレや浴室の修理は蛇口同様、パッキンであれば費用は変わらず1万円以内で収まります。ですが部分劣化など部品交換が必要な場合は部品によって金額差はありますが、1万円から3万円以上になります。床下や壁にある部品の場合は大規模な修理になる為、更に費用が増えます。簡単な作業で済まないと分かった時点で業者に必ず費用の見積もりをお願いしましょう。水漏れトラブルはいつか必ず起きる為、事前に良心的な業者を調べておく事もオススメです。

水漏れトラブルで悪徳業者に引っかからないように注意する事

水漏れトラブルの時は慌てて業者を選んでいる余裕はないかと思います。まず元栓を閉め対応業者を探します。各地区には水道局の指定の業者がある為、水道局に連絡してみましょう。ですが、指定業者であっても中には悪徳業者がある事も忘れずに注意しましょう。会社規模は個人経営より法人経営の方が信頼できるかと思います。安い料金は最低料金として設定されている為、そこに出張費、点検費など上乗せされます。問い合わせの際に出張費や夜間料金、点検料金、見積もり費用がいくらかかるか確認が必要です。通常作業前に作業内容と見積もり金額を提示してもらえます。これらが無い場合は修理後に高額請求される可能性がある為注意が必要です。可能であれば工事前に書面で見積もりをもらいましょう。また、高額な金額の場合は何社かに見積もりを取り比べる必要があります。