自分でもできる水漏れトラブルに遭わない方法

水漏れは起きてしまうと業者に修理をお願いしたり、後始末が大変です。そうならない為には日頃から予防をしましょう。水漏れが起きやすい箇所に配水管があります。まずは定期的に配水管の掃除をしましょう。こうする事で水漏れを防ぐだけでなく、配水管のつまり防止にもなります。掃除をする際には薬剤に注意する事も大切です。配水管によっては薬剤で穴が開くこともあるので用法用量を守って使用します。また、配水管のS字トラップは構造的に弱く、水漏れしやすいのであらかじめ水漏れ防止テープ等を貼って対策するのも良いでしょう。最も効果的な水漏れ予防策は定期的に専門業者に水漏れ検査をしてもらう事です。配水管の耐久度や水漏れしそうな箇所、穴が開きそうな箇所を指摘してもらえたり、予防工事をしてくれることもあります。

ここで見分ける悪徳水道業者の特徴

水漏れトラブルに対応する水道業者の中にはあの手この手で料金を搾り取ろうとする悪徳業者がいます。安心安全な業者を利用する為にも、悪徳業者の特徴を知る事が大切です。水漏れトラブルは緊急を要するものが多く、その緊急性を利用してきます。とりあえず作業をすると言って見積もりをしなかったり、現地見積もり無料、出張費無料と謳っているのに、断ると見積もり費や出張費を請求されたりします。なので、事前に電話でその点について確認をしましょう。不要な作業をして追加料金を請求してくる事もありますが、これは事前に見積もりをしてもらう事で防ぐ事ができます。また、有名メーカーの名前を多用し、製造が終了していて交換できない等、信頼度が高い事を言ってくることもありますが、少しでも疑問に感じたら業者と一緒にメーカーに問い合わせると良いでしょう。

悪徳業者に合わない為にやりたい事

水漏れをして業者に直してもらう際、どの箇所がどのように故障しているのか、どのような方法で直すのか、納得のいくまで説明してもらいましょう。そしてその上で複数の業者による相見積もりをします。いくつかの業者から説明を受け、同じような話を聞く事ができれば納得がいきます。もし不安に思うならば家族に相談し、決める事も大切です。また、作業中に作業内容に変更があった場合は必ず、再度見積もりを出してもらいます。悪徳業者の中には作業中にあれこれ理由をつけて金額を変更してくる手口が多発していますが、作業内容の変更=悪徳業者と思うのではなく、疑問をぶつける事で悪徳業者でなければ誠実に対応、説明してくれることでしょう。そして何よりこうした事前知識を持っていることでいざという時、冷静に対処できるので知るという事が大切です。