お部屋に合う無垢のテーブルを選ぼう

お部屋の中でも最も目につきやすいインテリア・家具といえば、テーブル。食事や団らん、勉強など、様々なシチュエーションで使うテーブルは、少しくらい値が張っても、出来るだけ素敵なものを選びたいですね。インテリアショップには、実に様々な素材のアイテムがありますが、無機質な素材よりも、天然素材の温もりが感じられるアイテムを選ぶと、部屋全体が愛着に満ちたものになります。中でも、無垢素材のものは、長持ちするだけでなく、インテリアとしてもとても味があり、年齢、性別問わず幅広い方々に人気があります。これから部屋のコーディネートをお考えの方は、選択肢の1つに無垢のテーブルを入れてみるのもおすすめです。無垢テーブルをはじめとする素材の魅力やお手入れの方法などを詳しくご紹介します。

無垢のテーブルをおすすめする理由

皆さんの中には、無垢のテーブルと言ってもピンとこない方もいらっしゃるでしょう。沢山ある木材の中でも、ベニヤ板や合板と違って、伐採、加工した天然の木材をそのまま使用したものになります。一見、天然ものの木を使っているように見えても、薄く切った木材を接ぎ合せたものだったり、芯の部分の外側を木材で包んだフラッシュ構造とよばれる製品のものもあります。それぞれの良さがある為、どれがいいとは一概には言えませんが、無垢のテーブルは、表面が剥がれたりすることが無い為、丈夫で長持ちするという特徴があります。また、天然木材の色の変化が楽しめ、年季が入ると、アンティークのような趣ある色味になるというメリットがあります。大量生産が出来ないため、世界に1つだけの木目、デザインというケースもあるでしょう。

無垢のテーブルの手入れ方法と注意点

部屋の顔とも言えるテーブルに無垢を使うメリットは多く、若干値段が張るとしても、耐久性の面から考えればコストパフォーマンスは高いと言えます。しかし、ベニヤ板や陶器、プラスチックなどの素材に比べると、手入れの方法が独特で、念入りに行う必要があると言えるでしょう。天然木材は、水や湿気などの影響を受けやすいという特徴があります。テーブルに水をこぼした場合は、そのままにしておくと内部にまで染み込んで、シミになってしまいます。食事などに毎日使用するテーブルであれば、蜜蝋などの天然のワックスを塗っておくことをおすすめします。水分、油分などが付いたら、長時間放置せずに、乾いたタオルでふき取るなど、こまめな手入れを心がけましょう。手入れをきちんと行うことで、部屋のインテリアとしても、とても素晴らしいものになるでしょう。天然無垢には、木の種類によって木目や色が異なりますので、お部屋に合ったものを探してみましょう。